新素材

患者さんの皆さん こんにちは

暑くなってきましたね。今年は節電のため診療室のエアコンを高めに設定しています。代わりに扇風機を数台設置しました。空気が回るとずいぶんと感じが違います。

歯科の話をしますね。先週の土日(6/18,19)に矯正の研修会がありました。歯科の世界も日進月歩しています。デジタル化と同じく 材料も進化しています。矯正治療に用いるワイヤーも形状記憶合金として発展してきましたが2年ほど前から、形状記憶でありながら自由に曲げられる新しい素材が開発されました。「ゴムメタルワイヤー」と呼ばれています。

車のトヨタの研究機関が発明したもので 一般にもメガネのフレームやゴルフクラブにも既に使用されています。いつもお世話になっています岡山市開業で神奈川歯科大学講師の白数先生の講義と 私の症例を発表してきました。白数先生は最近ではマルチループの代わりに 全てのケースにゴムメタルワイヤーを使用しているそうです。その診断や治療結果の素晴らしさには感動があり、白数先生の持っている良い気が溢れ こちらにも流れてくるようです。いつも研修会後はテンションが上がってまた頑張ろうと帰ってきます。

白数先生は全国各地で講演をしています。今回私が受けていますコースはアドバンスコースで年に4回あります。白数先生のベーシックコースを受講した先生が受けるコースです。全国(北は旭川市 南は鹿児島市)から受講する先生が集まりやすいようにと白数先生が東京に出てきて行なわれます。会場は恵比寿です。私にとっては宿泊もかからず30分強での時間で行けますので大助かりです。

 研修会会場

研修会会場です。

数名の遠方からの先生はまだ到着していません。

懇親会

初日の夜に行なわれた懇親会です。 希望者のみが参加します。懇親会では普段の講義中では出ないいろいろな情報が得られます。

恵比寿の中華のお店です。お酒が入ると歯科の話にも熱が入りディスカッションで盛り上がります。

マルチループワイヤー

マルチループワイヤーです。全ての歯を同時に移動でき 目的とするゴールに導く装置です。期間の大幅な短縮も得られますが、複雑な曲げ方をしています。

ゴムメタルワイヤー

ゴムメタルワイヤーです。マルチループと同じ作用でありながら、シンプルな形をしています。

前の記事

歯が溶けるとは?

次の記事

新素材2