症例6 叢生(らんぐい歯)、咬合性外傷(咬合病)27歳 男性

らんぐい状態はひどくないのですが、上下の糸切り歯(犬歯)の関係が悪く臼歯に咬合病を与えていて、特に左側の下顎第2大臼歯は根の尖端まで骨がおかされていました。

治療不可能な状態であったためこの歯を抜歯をして、奥にある親知らずをこの位置に移動させ新しい噛み合わせを作りました。
治療前

叢生(らんぐい歯)、咬合性外傷(咬合病) 治療前

治療期間・・・1年1ヶ月

マルチループを用いてほぼ1年で治療完了しました。専門的となりますが、上下の犬歯による誘導が確立され、咬合病もなくなりました。歯列も整い歯ブラシしやすい環境となっています。矯正治療といえば単に見た目をよくする治療であると思いがちですが、最近ではこのように、歯の寿命を延ばすために必要なので矯正治療をする事が多いのです。
治療後

叢生(らんぐい歯)、咬合性外傷(咬合病) 治療後

犬歯誘導

犬歯誘導

▲矯正治療の症例TOPへ 

前の記事

審美的形成歯科