岩下歯科医院ではこんなインプラントも可能です

様々なインプラント治療

1) サイナスリフト

上顎の奥歯に当たる位置へのインプラントは、上顎洞(サイナス)の空洞の拡大や歯槽骨の吸収により、インプラントを植立するのは困難だといわれてきました。それを解決するのがサイナスリフトと呼ばれる治療方法です。治療期間が通常より長くかかりますが、確実に骨を増やし、インプラントを植立する事ができます。

治療前

サイナスリフト

虫歯と歯周病で骨が溶けてしまっています。骨の厚みがないため、この状態ではインプラントを植立することは困難です。

サイナスリフト 治療後

治療後

上顎洞に骨を作り、十分な長さのインプラントを植立する事ができました。


2) GBR法

GBR法とは少数の骨の欠損部を、骨を移植することでカバーしインプラントの表面の露出を防ぐ方法です。通常、インプラントを植立するには、周囲に十分な量の骨が必要です。しかし、歯槽骨が吸収されインプラント表面が露出する場合、長期的観点からインプラントを植立するのが不安な場合があります。GBR法は骨を移植することでインプラント周囲の骨を増やし、インプラントと安定させることができます。

術前

GBR法 術前

歯周病で骨を失うと、骨がどんどんやせてなくなります。陥没している骨の状態です。このままだとインプラントを埋入しても、インプラントを支える骨がありません。

術後

GBR法 術後

GBR法を用いて骨を充分に作りました。充分な厚みをもった骨にインプラントを理想的な位置や方向に埋入する事ができます。何でも噛めると喜ばれ、また、見た目も美しく仕上がりました。


3) 審美的なインプラント

インプラントの治療技術と矯正歯科、歯周形成外科の治療技術を組み合わせることで、見た目にも自然な外観を取り戻すことができます。

 審美的なインプラント

術前:虫歯が深く前歯4本は抜歯となりました。

術後:2本の歯を抜歯後、2本のインプラント入れ前歯4本をセラミックでかぶせました。